(年次有給休暇 その2) 時季指定権と時季変更権について

年次有給休暇の付与は労働基準法においては、労働者の請求に基づき付与することとなっており、使用者は特別な事情がない限り、その指定日に年次有給休暇を付与しなければなりません。つまり、労働者側には時季指定権があり、使用者側には特別な事情があるときは時季変更権があります。

“(年次有給休暇 その2) 時季指定権と時季変更権について” の続きを読む

(年次有給休暇 その1) 年次有給休暇の付与日数について

年次有給休暇は、労働基準法で定められた休暇であり、労働者に必ず付与しなければならないものです。
この年次有給休暇を知ることで労使間のトラブルも未然に防ぐことができるかもしれません。
今回は年次有給休暇について、その要件と付与日数を確認してみましょう。

“(年次有給休暇 その1) 年次有給休暇の付与日数について” の続きを読む

給与計算のポイント(1) 賃金支払いの5つの原則

給与は毎月決まった日に、給与明細書どおり決まった金額が自分の口座に振り込まれてくるのが当たり前と思っている方が多いと思いますが、例えば、「今月は会社の資金繰りが厳しいから、いつも20日に支給していた給与を月末に支払う。」と、会社が一方的に決めたらどうでしょうか。毎月27日に支払っている住宅ローンの返済が今月はできなくなるという事態も考えられます。
給与は受け取る従業員にとって、生活の基盤になるもので、何より安定的かつ確実な受取が求められます。そこで、給与が従業員にきちんと支払われるよう、5つのルールを労働基準法で定めています。

“給与計算のポイント(1) 賃金支払いの5つの原則” の続きを読む

全てはコレがキホン!節税の基本的な考え方と脱税との違い

節税ってよく耳にしますが、具体的には何をするのでしょうか?
節税は、税法の範囲内で納付税額を極力少なくすることです。
今回は節税の基本的な考え方をご紹介します。
また、脱税との違い、脱税のペナルティについてもご説明します。

“全てはコレがキホン!節税の基本的な考え方と脱税との違い” の続きを読む

改めて確認しておきたい、税金の種類・内容について(基本編)

皆さんは普段の生活を送る上で、税金についてどの程度意識されているでしょう。
サラリーマンの方でしたら所得税や消費税、法人経営者の方なら加えて法人税などは馴染み深い税金だと思います。
しかし、税金はその他にも種々様々、生活の隅々に登場しています。
今回は、そんな税金の種類や内容について紹介したいと思います。

“改めて確認しておきたい、税金の種類・内容について(基本編)” の続きを読む