消費税の簡易課税の適用を検討しよう

消費税は少し前までは5%でしたが、現在は8%(平成26年4月1日より)、そして近い将来10%になる可能性があります。消費税を最終的に負担するのは最終消費者であり、事業者は一時的に預かっているものを納付するだけなのですが、できれば少しでも納付額を少なくしたいものです。

“消費税の簡易課税の適用を検討しよう” の続きを読む

(法人向けの節税対策 その2) 役員報酬と法人所得のバランスを調整しよう

法人の中でも、特に中小企業に多いオーナー企業の場合、法人に係る税金と経営者個人に係る税金の合計額を少なくコントロールすることが資金を残すためには重要です。
そのためにまず検討するのが法人所得と役員報酬のバランスを税金の観点から検討することです。
このバランス調整により合計の税額に大きな差が生じます。

“(法人向けの節税対策 その2) 役員報酬と法人所得のバランスを調整しよう” の続きを読む

相続税の課税対象財産・非課税財産について

前回は、相続とは簡潔に言えば、死亡した人の財産や債務を包括的に引き継ぐことであると説明いたしましたが、相続税はその引き継いだ財産すべてに課税されるわけではありません。
今回は、相続税が課税される財産と非課税となる財産についてみていきたいと思います。

“相続税の課税対象財産・非課税財産について” の続きを読む

(入社、退職時における問題) 求人票と実際の労働条件との相違について

厚生労働省では、平成26年3月24日より「ハローワーク求人ホットライン」が開設され、
ハローワークで公開している求人票の記載内容と、実際の労働条件が異なる場合の対策を強化しています。
求人票と実際の労働条件との相違によるトラブルを回避するにはどのようすれば良いのでしょうか。

“(入社、退職時における問題) 求人票と実際の労働条件との相違について” の続きを読む

相続税 ~概要と基礎控除額の引き下げ~

皆様は相続税について検討されたことはありますか?
平成25年度の税制改正によって基礎控除額が引き下げられることとなり、
いよいよ今年(平成27年1月1日)から適用となります。
これを機に、相続税や贈与税についてご確認されてはいかがでしょうか。

“相続税 ~概要と基礎控除額の引き下げ~” の続きを読む

(法人向けの節税対策 その1)「保険商品・倒産防止共済」を検討してみよう

「倒産防止共済」(経営セーフティ共済)とは取引先の予期せぬ倒産による「連鎖倒産から中小企業を守る制度」です。取引先が倒産して売掛金債権等が回収困難となったときに共済金の貸付けが受けられます(最大8000万円、回収困難等になった債権と掛け金総額の10倍の少ない額を限度として)。「保険商品」を利用した場合も節税効果という面では同様の効果を得ることが出来ます。

“(法人向けの節税対策 その1)「保険商品・倒産防止共済」を検討してみよう” の続きを読む

(個人事業向けの節税対策 その3)「法人成り」を検討してみよう

個人事業において所得がある一定の水準を超えてくると、事業を法人として行った方が税金が安くなります。その理由は、個人は税率が所得金額に応じて累進的に高くなること(法人税率は一定)、及び所得区分が事業所得から給与所得に変わるため給与所得控除による所得の削減効果があることによります。

“(個人事業向けの節税対策 その3)「法人成り」を検討してみよう” の続きを読む

雇用促進税制 ~一人当たり40万円の税額控除~

経営者の皆様、雇用促進税制の検討をなされたことはありますか?
事業の拡大期には非常に使える税制ですので、今回は雇用促進税制について確認したいと思います。

“雇用促進税制 ~一人当たり40万円の税額控除~” の続きを読む