キャリアアップ助成金 (正規雇用等転換コース その2) さつき経営サポートセンター お役立ち情報BLOG
キャリアアップ助成金 (正規雇用等転換コース その2)

「キャリアアップ助成金」は、非正規雇用の労働者に対して、正規雇用へ転換したり、人材育成・処遇改善といった取組を実施した事業主に対して支払われる助成金です。
今回は、「キャリアアップ助成金」の6つのコースの中でも比較的利用しやすい「正規雇用等転換コース」について、前回(その1)に引き続き、第2回目。
申請の流れと必要書類についてご紹介します。

※前回記事(その1)をお読みでない方は、コチラもぜひチェックして下さい!
「キャリアアップ助成金 (正規雇用等転換コース その1) 助成額・対象労働者・受給要件について」

さっそく申請の流れを確認しましょう

【事前申請】

「キャリアアップ計画書」を管轄のハローワークに提出。
※申請様式は下記URLでダウンロードできます
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/download-list.html

ここで必要なのは、キャリアアップ管理者を決定して、3年~5年の計画を作ること。
(おおまかな取り組みの計画でOK)
(キャリアアップ管理者は、事業主や人事担当者などから1人選任するのですが、事業所が複数ある場合は事業所ごとに選任しなければいけません。)

【事前申請後】

正社員転換制度の内容を追加した就業規則を労働基準監督署に届出。

正規雇用への転換・直接雇用の実施
(転換後の雇用契約書・労働条件条件通知書を本人に交付すること)

転換後6か月分の賃金を支払った日から2か月以内に支給申請(ハローワークに提出)
(※必要書類は下記で説明)

支給決定!

申請に必要な書類リスト

【必要書類】

  • ・支給申請書(※)
  • ・キャリアアップ計画書(労働局から返送された計画書のコピー)
  • ・正規雇用等転換コース内訳(※)
  • ・正規雇用等転換コース対象労働者詳細(※)
  • ・労働協約または就業規則のコピー(労働基準監督署の届出印があること)
  • ・転換前後の労働条件通知書など
  • ・賃金台帳(転換前と後それぞれ6か月分)
  • ・対象労働者の出勤簿、タイムカード
  • ・中小企業事業主である場合、それを確認できる書類
  • ・対象労働者に母子家庭の母、父子家庭の父が含まれる場合、それを確認できる書類
  • ・支給要件確認申立書(※)
  • ・支払方法・受取人住所届(※)
  • ・(派遣労働者を直接雇用する場合)直接雇用前の労働者派遣契約書、派遣先管理台帳

(※)申請様式は下記URLよりダウンロードできます
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/download-list.html

平成28年3月まで支給額が増額中。申請はお早めに!

この助成金は、平成28年3月31日までの間、支給額が増額されています。

せっかくなら、増額されているうちに申請する方が得!・・・なのですが、平成28年3月31日までに支給申請書を提出しないと増額された金額がもらえないのです。
申請の半年以上前までに正規に転換or直接雇用を実施、さらにその1ヶ月前までにキャリアアップ計画を提出、となると平成25年7月中には申請準備を始めないと、この増額されている間に助成金を受け取ることができません。

当社では、助成金申請サポート業務を行っております。正規雇用への転換などをお考えの事業主の方はお早めにご相談下さい。

大阪の御堂筋線「江坂駅」より徒歩5分(各サービスは近畿一円可能です)
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)が在籍するさつき経営サポートセンターにお任せください。

【ご相談は無料、今スグお問合せください】

TEL:0120-101-888 (平日9:00~17:00)
WEB相談もOK

大阪 御堂筋線「江坂」駅徒歩5分
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)の専門家で構成されるさつき経営サポートセンター

http://satsuki-keiei.com/