キャリアアップ助成金 (正規雇用等転換コース その1) さつき経営サポートセンター お役立ち情報BLOG
キャリアアップ助成金 (正規雇用等転換コース その1)

「キャリアアップ助成金」は、非正規雇用の労働者に対して、正規雇用へ転換したり、人材育成・処遇改善といった取組を実施した事業主に対して支払われる助成金です。
「キャリアアップ助成金」には6つのコースが用意されていますが、まずは比較的利用しやすいと思われる「正規雇用等転換コース」について2回に分けて紹介いたします。
今回は、いくらもらえるのか?と、どういった人が対象となるのか?についてお知らせします。

助成額はいったいどれくらい?

キャリアアップ助成金(正規雇用等転換コース)とは、有期契約⇒正規雇用等に転換、または派遣労働者⇒直接雇用化をおこなう事業者を対象とした助成金です。

  • [1]有期 → 正規:1人当たり50万円(40万円)
  • [2]有期 → 無期:1人当たり20万円(15万円)
  • [3]無期 → 正規:1人当たり30万円(25万円)

※助成額( )は大企業の額
(1年度1事業所当たり15人まで ※[2]は10人)

つまり、今なら1年で最大750万円もらえる計算です。

さらに、対象者が母子家庭の母等または父子家庭の父の場合、1人当たり[1]10万円 [2]5万円 [3]5万円を加算。
派遣労働者を正規雇用労働者として直接雇用した場合、 1人当たり30万円が加算されます。
赤字部分は平成28年3月31日までに申請した場合の金額。それ以降は減額されますので、申請をお考えの方はお早めに!

対象となる労働者について

【対象となる労働者】

キャリアアップ助成金(正規雇用等転換コース)の対象者は次のいずれかに該当する労働者となります。

  • ・対象事業主に通算して6か月以上雇用されている 有期契約労働者、及び無期雇用労働者
  • ・6か月以上継続して労働者派遣を受け入れている派遣先の事業者で同一の業務に従事している派遣労働者
  • ・有期実習型訓練を受講し、終了した有期契約労働者等

のちのち正規雇用労働者にするよ、と約束して雇い入れられた有期契約労働者等ではないこと

この転換または直接雇用の前日から過去3年以内に、該当事業所で正規雇用、または短時間正社員として雇用されたことがない者

受給要件について

申請できる事業主は、共通の受給要件(※)を満たしていることはもちろんのこと、その他に

  • ・申請日に、このコースを継続して運用している
  • ・転換日の前後6か月間に事業主都合による従業員の解雇をしていない
  • ・対象者の同意に基づく制度として運用している
  • ・転換した日以降、対象者を社会保険の被保険者として適用させている

といった要件を満たしている必要があります。

※以前のコラム「全雇用助成金共通!最低ラインの受給資格を確認しよう。」をご確認ください

次の記事で、具体的な申請の流れと必要書類についてご説明します。

続いて、次の記事「キャリアアップ助成金 (正規雇用等転換コース その2)」では、具体的な申請の流れと必要書類についてご紹介します。

大阪の御堂筋線「江坂駅」より徒歩5分(各サービスは近畿一円可能です)
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)が在籍するさつき経営サポートセンターにお任せください。

【ご相談は無料、今スグお問合せください】

TEL:0120-101-888 (平日9:00~17:00)
WEB相談もOK

大阪 御堂筋線「江坂」駅徒歩5分
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)の専門家で構成されるさつき経営サポートセンター

http://satsuki-keiei.com/