会社設立の手続きについて(2) (払込を証する書面) さつき経営サポートセンター お役立ち情報BLOG
会社設立の手続きについて(2) (払込を証する書面)

設立登記に必要な書類の一つである払込を証する書面についての手順をご紹介します。
払込を証する書面とは、定款に記載されている資本金が発起人から口座に振り込まれていることを証明する書面です。以下の順番でご用意ください。

【払込を証する書面についての手順】

(1) 資本金の払込を行います。
各発起人にATMや銀行窓口から出資金を払い込んでもらいます。
会社の銀行口座は登記完了後でなければ作成できないため、出資金は「代表取締役となる個人の預金通帳」に振り込みます。

≪振込時注意点≫

・資本金の払込は定款の認証後に行うこと。
・代表個人の通帳残高をゼロにする又は口座新規開設をすること。
・振込金額と氏名がわかるように各発起人が個人名で出資金を振込むこと。

(2) 登記所に提出する払込証明書を作成します。
払込証明書には、通帳のコピーを添付する必要があり、コピーの箇所は次の3箇所になります。(A4の縦サイズで1枚ずつコピーをとります。)
  • ・通帳の表紙
  • ・裏表紙
  • ・通帳の明細(払込の記録が印字されているページ)
(3) 資本金の払込証明書を製本します。
資本金の払込証明書を作成し通帳のコピーを取ったら、下記のページ順に重ね、左端2箇所にホチキス留めをし製本します。
haraikomisyo
 [払込証明書] → [通帳表紙コピー] → [通帳裏表紙コピー] → [通帳の明細コピー]
※各見開きページ゙の綴り部分に契印をする

【払込を証する書面の参考例】

haraikomi-rei

会社設立は専門家にご相談を!

会社設立において、上記のような書式の決まり事がたくさんあり、とても手間がかかります。
当社では、設立前の段階から、節税対策、助成金申請など専門家ならではのアドバイスを行っております。
大阪・京都など関西で会社設立をお考えの方は、ぜひ当社までご相談下さい。

大阪の御堂筋線「江坂駅」より徒歩5分(各サービスは近畿一円可能です)
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)が在籍するさつき経営サポートセンターにお任せください。

【ご相談は無料、今スグお問合せください】

TEL:0120-101-888 (平日9:00~17:00)
WEB相談もOK

大阪 御堂筋線「江坂」駅徒歩5分
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)の専門家で構成されるさつき経営サポートセンター

http://satsuki-keiei.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です