株式会社だけじゃない!様々な会社の種類と形態の違い さつき経営サポートセンター お役立ち情報BLOG
株式会社だけじゃない!様々な会社の種類と形態の違い

会社を設立しようとする場合、まずどの形態の会社を設立するかを決定しなければなりません。
しかし、一般の方は会社を設立しようと思っても、一体どの種類の会社で登記を行えばいいのか解らないと思います。 会社には合名会社・合資会社・合同会社・株式会社の4種類があります。
(有限会社は平成18年の法改正により新規で設立することができなくなりました。)
ここでは、それぞれの会社の形態の違いをご紹介しますので、どの形態の会社を設立するか判断される際のご参考にしてください。

合名会社・合資会社・合同会社・株式会社・有限会社

(1)合名会社

出資者のみで構成され全員が代表者

無限責任の出資者のみで構成され,原則として全員が会社の代表者となります。「個人事業者の集団」といった形態のものです。
会社の借金すべてに役員全員が連帯責任を負います。よって家族関係など間柄が深く少人数で始める事業に適した会社です。
但し、設立される件数はほぼ皆無なのが実状です。

(2)合資会社

有限責任と無限責任の出資者で構成される

無限責任と有限責任の両方の出資者で構成される会社です。但し、事業経営は無限責任の出資者が担うのが一般的です。
よって合名会社同様、関係が深い信頼できる人どうしで設立するのが一般的です。
合資会社を設立されるなら株式会社の設立をおすすめしますが、設立費用が株式会社に比べて安く抑えることができますので、
出来るだけ設立費用を抑えたいとお考えの場合、合資会社を選択されるケースがあります。

(3)合同会社

有限責任の出資者のみで構成

有限責任の出資者のみで構成されますが、株式会社のように株主総会や取締役会といった機関設置は不要です。
株式会社との一番の違いは、出資者と経営者が必ず同一であることです。
よって会社が意思決定を行う際は、すべての出資者の同意が前提となります。
小規模企業に最適な形態で、平成18年の会社法改正により新設された会社組織です。

(4)株式会社

株式を発行して資金を調達可能

株式を発行して一般の方から資金を募るなど資本を集めやすいのが特徴です。出資者はすべて有限責任から構成されます。
会社の実質的な経営は役員である取締役が行い、一般の出資者(株主)は会社の配当を期待する立場に留まります。出資に対する利益分配という損得勘定から出資者が集まる会社形態です。

無限責任・有限責任とは?

無限責任・有限責任とは会社が倒産した際に出資者が負うべき責任の範囲の広さによって区分されています。詳しい内容は以下の通りです。

(1)無限責任

出資者は会社と連帯して最後まで直接責任を負います。例えば借金を抱えて倒産した場合は、自分の出資額に関わらず全債務に責任を持たなくてはなりません。
よってこの形態の会社が少ないのが実状です。

(2)有限責任

出資者は自分が出資した額の範囲内で間接的に会社に責任を負います。
例えば知人と500万円ずつ出資し、資本金1,000万円の株式会社を設立したとします。
その後、仮に事業に失敗し2,000万円の借金を抱えて倒産した場合、原則として知人と出資した500万円ずつが責任の範囲となります。

以上が会社の形態の違いとなります。

この記事を読んでも自分が設立しようと思っている会社にどの形態すればいいのかわからないという方は、ぜひ当社の初回無料相談をご利用下さい。大阪(大阪府・大阪市)・京都など関西を中心に会社設立サポートを行っております。

大阪の御堂筋線「江坂駅」より徒歩5分(各サービスは近畿一円可能です)
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)が在籍するさつき経営サポートセンターにお任せください。

【ご相談は無料、今スグお問合せください】

TEL:0120-101-888 (平日9:00~17:00)
WEB相談もOK

大阪 御堂筋線「江坂」駅徒歩5分
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)の専門家で構成されるさつき経営サポートセンター

http://satsuki-keiei.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です