まずは大まかに把握しよう。雇用助成金 7つの分類 さつき経営サポートセンター お役立ち情報BLOG
まずは大まかに把握しよう。雇用助成金 7つの分類

雇用関係の助成金だけでも様々な種類のものがあります。
今回は大きく7つに分けて主にどんなものがあるのかをご紹介したいと思います。

雇用助成金 7つのカテゴリー

【人材採用】

要件を満たした人を、ハローワークや職業紹介事業者等の紹介により採用する場合にもらえる助成金。

「トライアル雇用奨励金」「特定就職困難者雇用開発助成金」など。

【雇用維持】

リストラの一環として「解雇」を選択するのではなく、休業・教育訓練や出向を通じて従業員の雇用を維持したり、従業員が育児休業を取得しやすい環境を整えたりした場合にもらえる助成金。

「雇用調整助成金」「中小企業両立支援助成金(代替要員確保コース)」など。

【制度導入】

短時間勤務制度や健康診断制度などを導入する場合にもらえる助成金。

「子育て期短時間勤務支援助成金」「キャリアアップ助成金(健康管理コース)」など。

【人材育成】

職業訓練、能力アップのための訓練などを行う時にもらえる助成金。

「受入れ人材育成支援奨励金」「キャリアアップ助成金(人材育成コース)」「キャリア形成促進助成金」など。

【環境整備】

高年齢者や障害者、子育てとの両立が難しい従業員などが働きやすい環境を整備した場合にもらえる助成金。

「高年齢者雇用安定助成金(高年齢者活用促進コース)」「障害者作業施設設置等助成金」「事業所内保育施設設置・運営等支援助成金」など。

【高年齢者・障害者】

高年齢者や障害者を雇入れたり職場環境を整備したりする際にもらえる助成金。

「高年齢者雇用開発特別奨励金」「障害者トライアル雇用奨励金」など。

【その他】

「再就職支援奨励金」「受動喫煙防止対策助成金」など。

助成金情報は将来も同条件とは限りません。途中で変更・廃止される事も。

ちなみに、平成26年度の雇用関係助成金は、50種類ほどあります。しかし一部の地域や特定の業種に限られるものもあり、実際よく利用されているのはこの半分以下だと思います。
また、助成金は、年度の途中でも廃止されたり、金額がかわったりするため、常に新鮮な情報が必要となります。

個別の助成金についての詳細は、よく利用されるものから順次ご紹介していきたいと思います。

大阪の御堂筋線「江坂駅」より徒歩5分(各サービスは近畿一円可能です)
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)が在籍するさつき経営サポートセンターにお任せください。

【ご相談は無料、今スグお問合せください】

TEL:0120-101-888 (平日9:00~17:00)
WEB相談もOK

大阪 御堂筋線「江坂」駅徒歩5分
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)の専門家で構成されるさつき経営サポートセンター

http://satsuki-keiei.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です