助成金の財源は?「国が払ってるんじゃないの?」「えっ!?もしかして…。」 さつき経営サポートセンター お役立ち情報BLOG
助成金の財源は?「国が払ってるんじゃないの?」「えっ!?もしかして…。」

助成金ってそもそも、どこからお金が出ているのかご存知でしょうか?

その正体は「雇用保険料」です。ココがポイント!

実は助成金と総称されるものの多くが、国(厚生労働省)が事業主のみなさんから集めた「雇用保険料」を財源として支給されています。

もちろん雇用保険料は、労働者が失業したときに支給される、いわゆる「失業手当」にも使用されますが、年間で約2,000億円は厚生労働省が取り決めた助成金の財源となっているのです。つまり、元々は事業主のみなさんのお金。 助成金をもらうことについて、何の遠慮もいらないどころか、むしろ積極的に活用しなければもったいないのです。

一方で、契約社員を正社員に登用したり、障がいを持った方や60歳以上の方を採用するなど、申請さえすれば受給できる状況なのに、事業主が制度を知らないばかりに「受給漏れ」となっているケースも非常に多くあります。

助成金を利用したことのある会社は何度も助成金を受給しているのに、制度を知らない会社は一度も受給していない「助成金格差」がある現状です。

※障がい者に関する助成金の一部は、障害者雇用納付金制度の財源より拠出される助成金があります。

難しく考えず、分からない事はきちんと専門家に相談を!

雇用保険料をきちんと納付していればもらう権利のある「助成金」。

社内で何かアクションを起こす時に「使える助成金はないだろうか?」と考えてみて、少しでも気にかかることがあればお気軽に当センターにご連絡ください。

大阪の御堂筋線「江坂駅」より徒歩5分(各サービスは近畿一円可能です)
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)が在籍するさつき経営サポートセンターにお任せください。

【ご相談は無料、今スグお問合せください】

TEL:0120-101-888 (平日9:00~17:00)
WEB相談もOK

大阪 御堂筋線「江坂」駅徒歩5分
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)の専門家で構成されるさつき経営サポートセンター

http://satsuki-keiei.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です