働き方の見直しを!2016年10月から発生「106万円の壁」 さつき経営サポートセンター お役立ち情報BLOG
働き方の見直しを!2016年10月から発生「106万円の壁」

主にパートで働いている方には、103万円の壁と130万円の壁が存在します。
130万円の壁と言われている健康保険・厚生年金の加入義務の要件が2016年10月に改正されます。
よって、年収130万円に満たない方であっても、年収106万円以上あれば、社会保険の加入義務が発生することになります。

まず、「103万円・130万円の壁」とは

【103万円の壁】

年間の給与収入が103万円を超えると、所得税を負担しなければなりません。

例えば年間給与収入が120万円の場合、120万円-65万円(給与所得控除)-38万円(基礎控除)=17万円となり、この17万円を基礎として所得税がかかることになります。

【130万円の壁】

年間の収入が130万円を超えると、健康保険の扶養や国民年金の第3号被保険者から外れることになり、自分で公的医療保険や公的年金制度に加入し、保険料を負担しなければなりません。

新たに発生する「106万円の壁」とは

2016年10月からパート等の短時間労働者のうち、健康保険・厚生年金の加入対象者が拡大されます。年収130万円未満の方でも年収が106万円以上であれば、社会保険の加入義務が発生します。

現在は、週30時間以上(正社員の所定労働時間の3/4以上)の勤務の場合が加入対象者でした。2016年10月からは、以下の要件を満たした場合、社会保険の加入義務が発生します。

  • (1)労働時間が週20時間以上
  • (2)年収106万円以上(月額8.8万円)
  • (3)勤務期間が1年以上
  • (4)従業員が501人以上の企業の短時間労働者(今後、対象が広がる可能性があります。)
  • ※学生は対象外

働き方の選択・見直しが必要です

今後、健康保険や厚生年金の保険料負担を増やしたくない場合には、
・パートを週20時間以内、年収106万円以内に抑える
・従業員501人以下の企業に勤める
といった方法もあります。
しかし、厚生年金に加入すれば、年金額が増加し、老後に余裕が出てきます。また健康保険からは出産手当金や傷病手当金などが支給されます。
厚生年金や健康保険加入によるプラス面も考慮して、自分の生活や価値観にあった働き方を選ぶことが必要です。

大阪の御堂筋線「江坂駅」より徒歩5分(各サービスは近畿一円可能です)
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)が在籍するさつき経営サポートセンターにお任せください。

【ご相談は無料、今スグお問合せください】

TEL:0120-101-888 (平日9:00~17:00)
WEB相談もOK

大阪 御堂筋線「江坂」駅徒歩5分
税理士・公認会計士・社会保険労務士・キャリアコンサルタント(CDA)の専門家で構成されるさつき経営サポートセンター

http://satsuki-keiei.com/